<< 2014年1月2日放送:夢日記朗読 × 平沢音楽 2014 | main | 2014年1月16日放送:文房具にまつわる音楽 >>
2014.06.12 Thursday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2014.01.07 Tuesday

    2014年1月9日放送:新年にあなたと聴きたい曲

    0


      みなさん、あけましておめでとうございます。
      と、いう挨拶もいささか躊躇するようになる1月9日。
      お正月休みが開けて、また日常の中で奮闘されていることと思います。

      今夜はそんな今、あなたと一緒に聴きたい曲を集めてみました。

      1、新・素晴らしきこの世界/YO-KING/DEFROSTER ROCK(1999年)より
      わたしはこの曲を、毎年このシーズンに聴くことを楽しみにしています。外は寒いけど身も心も元気で、生きていることが楽しい!というエネルギーに溢れている曲なので、聴いているとじんわりテンションが上がり、体温まであがってきます。この曲が発表された時期は、ちょうどYO-KINGさんがYUKIさんとの結婚を公表する少し前。だからなのか、音に声に、幸せが満ち充ちている気がしてなりません。

      2、恋の年賀ハガキ/ホフディラン/多摩川レコード(1996年)より
      ワタナベイビーさんの癖のあるボーカルが、シンプルで可愛らしい詞にすごくマッチしている1曲だと思います。こういう曲は小宮山雄飛さんよりもベイビーのキュートな歌声が輝きます。学生の頃、好きな人から年賀状が届くととっても嬉しかったことを思い出しました。「今年もよろしく なんて当たり前だろう ねえねえねえ」ですよ、まったく。

      3、頼りがないから便りがない/ソウル堂/たりないピーチ より
      ソウル堂のSTEVENさんは、頼りない男を歌わせたら日本で五本の指に入るのではないか、と。優柔不断な楽天家、自由を愛する寂しがり屋、そんな男性をイメージさせる曲です。ふとお正月に聴いてみたら、年賀状の数が年々減ってきていた私の気持ちにすごく滲みたのでありました。今年から年賀状を書く大人になりたいと思います。

      4、年表の色/TOMOVSKY/NEGACHOV & POSICOV(1996年)より
      わが故郷・千葉県成田市の星、トモフスキー。ご存知ない方には、元カステラ、Theピーズの兄の方(双子だけど)、とも紹介しておきましょう。そんなトモフスキーさんの作品の中でもこのアルバムは名盤です。ネガティブな自分、ポジティブな自分、いろんな自分がいて一緒に生きている、というようなテーマで、肩肘張らない、自分自身を大事にすることを軽快にときにちょっぴり強く歌っています。年表、社会の授業などで作らされましたね。自分の年表を作るとしたら今を何時代と表現しようかしら。

      5、春よ来い/はっぴいえんど/1971年第三回全日本フォークジャンボリーライブ音源 
      大晦日の昼下がりに、大滝詠一さんがお亡くなりになったという突然のニュースを受け、ぽかんとしてしまいました。一緒にいた仲間とともに、すぐにはっぴいえんどやナイアガラの曲を聴きました。そうして、ああ、大滝詠一さんは亡くなったけれど、この音楽はこれからもずっと残っていくね、愛されていくねということを確信しました。これからもこの番組では大滝作品を流すことが多々あると思います。そのときは、「偲んで」という紹介ではなく、あくまでもいつものライブラリーからの1曲として、リスナーのみなさんとともに、その素晴らしい音楽を楽しませていただきたいと思います。

      6、新しい方々/FLYING KIDS/新しき魂の光と道(1990年)より
      エンディングに選んだのは、FLYINGKIDSの初期アルバムからの1曲。ボーカル顆さんによる、日本人離れしていそうで、実は思いっきり心地よく伝わる日本語の歌詞が、耳から入り込み、やがてお腹の丹田あたりにしっかりと据わります。新しい年が明けました。志高く、きりりと寒さの中、一人で立つ。そんなイメージが湧いてきて、音楽ひとつで人は奮い立つものですね。


      図らずも、際立った色を持つ男性ボーカルが集まった感があります。
      思わず聞き入ってしまう曲たちに、新年のこのタイミングの胸の内を託してみました。

      年のはじめにエンジン全開!な方も、そうでない方も、自分のペースで進んで参りましょう。
      私もこつこつとたくましく番組をつくっていきたいとおもいます。
      番組へのご意見やわたくしイトウアヤコへの励ましのメッセージなど
      ぜひこちらへお寄せください
      本年もどうぞよろしくお願いします。


      再放送は1月11日(土)26時30分からです。
        次回1月16日(木)は「文房具」をテーマにお送りします。
      (企画・編集 イトウアヤコ)





      評価:
      YO-KING
      キューンレコード
      ¥ 1,950
      (1999-04-01)

      評価:
      ホフディラン
      ポニーキャニオン
      ¥ 4,492
      (1996-12-16)

      評価:
      FLYING KIDS,浜崎貴司,丸山史朗,JIM WILLIAMS,CLARENCE SATCHELL,LEROY BONNER,MARSHALL JONES,RALPH MIDDLEBROOKS,MARVIN PIERCE,WILLIAM BECK
      ビクターエンタテインメント
      ---
      (1990-12-16)

      2014.06.12 Thursday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        コメントする








         
        Calendar
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << June 2017 >>
        PR
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recent Comment
        • 2013年7月18日放送:カメラマンの小嶋さんと一緒に伊達巻をつくろう!
          バジル (07/19)
        • 2013年5月14日放送:とんねるずのみなさんのおかげです特集
          こゆきパンティー (05/15)
        • 2013年4月23日放送:勝手に氣志團万博2 with こゆきパンティーヌ
          ぱんつこ (04/24)
        • 2013年4月16日放送:勝手に氣志團万博 with こゆきパンティーヌ
          ぱんつこ (04/22)
        • 2013年4月16日放送:勝手に氣志團万博 with こゆきパンティーヌ
          エリオ (04/21)
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM