<< 2012年11月27日放送:大須賀淳さん | main | 2012年12月11日放送:大須賀淳さん >>
2014.06.12 Thursday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2012.12.04 Tuesday

    2012年12月4日放送:大須賀淳さん

    0
      先週に引き続きゲストとしてお迎えしているのは、音楽・映像クリエイターで(株)ねこやなぎ代表・大須賀 淳さんです。大須賀さんの好きなもの・ひとつ目は「音の出るおもちゃ」でした。お仕事で音を扱うのも、電子音が大好きだから、子どもの頃からずっと変わらず、むしろこれしかできないから…というお話もありました。さて、今週はどんなものを紹介してくれるのでしょうか?



      大須賀さんの好きなものその2:音声合成

      「コンピューターが喋るということに、一種のフェティチシズムを感じるくらいにね(笑)好きなんですよ〜」と語る大須賀さん。「21世紀なんですから、もっとどんどんコンピューターに喋ってもらいたいなと思いましてね。ようやく、iPhone が標準搭載した siri ですとかが、話しだしてくれて嬉しい限りです。

      siri ってなんぞや? → Apple公式サイト

      「家庭用のパソコンを使って、簡単に音声を喋らせることもできるんですよ」ということで、今回のスタジオでは、まず音声読み上げソフトを使ってパソコンに言葉を喋らせてみました。「いろいろな音声読み上げソフトがあるんですけど、まずはフリーで入手できる『ソフトーク』というのを使ってるのもいいと思いますよ。ほかにもAKJスピーチツールズというのもあります。」

      ※ソフトークが気になる方はこちらからダウンロードできますよ

      テキストを入力すると、それを自動的に音声で読み上げてくれるというソフト。これをもっと遊んでしまおう!という大須賀さんからの提案です。たとえば入力する文章を、方言ニュアンスで入力すると…読み上げたときに、ものすごく味わい深日本語になる…! スタジオで試したのは、「ふくしまからきました」のテキストを「ふぐすまからきますた」という具合にアレンジ。確かに、たったこれだけで、まるで違う人物が話しているように聞こえる(笑)。さらに読み上げのスピードを変えることで、「都会に出てきて緊張している感じ」や「思わず書類にはんこを押してしまいたくなるような誠実そうな青年」など、自在にキャラクターをつくることができるというわけ。これはちょっと面白いですよ〜。

      「さらに海外の音声読み上げシステムを使うと、また面白いことができますよ。」といって、英語の読み上げソフトを使ってみることに。「このときは、ローマ字入力をしてもダメなんですよ。たとえば「日本大好きです(ニッポンダイスキデス)って言わせたかったら、音で考えて、英単語にあてはめていくんです。つまり、 NIPPON die sky deth という具合にね、なんかものすごく縁起悪い単語が並んじゃいましたけど(笑)こう入力すると、まるで日本が大好きで日本語を勉強したカリフォルニア在住のスミスくん みたいな音声がつくれるのです。」なるほど〜〜!

      「フリーの読み上げソフトって世界中の言語でたくさんありますから、みなさんも遊んでみてください。音程やテンポをいじりながら、こんな人いそうだな、というふうにキャラクターをつくりあげていくと奥深いですよ〜」



      「さらに、コンピューターに歌わせることもできます。初音ミクに代表されるYAMAHAの「VOCALOID(TM)」 が有名ですが、簡単に説明するとこのシリーズは「声」を購入して、プログラミングをして歌わせていきます。そして、これとはまた別に「UTAU」というものがあって、こちらは、「声」も自分で作ることができるツールなんです。

      ※気になる「UTAU」はこちらから

      「これだと自分で、こんな声が面白そうだなといろいろ試せるんですよ。それにネット上にたくさんの人たちが「声」を素材とした音声ライブラリをアップしているので、そういった声を手に入れてきて音作りに使用できるのが魅力です。あとは、アニメーションと組み合わせてキャラクター化させたものを、動画サイトで披露するのも人気ですね。ニコニコ動画などではいろいろな人の作品を見ることができるので面白いですよ。」

       そんなわけで試しにイトウアヤコの音声をサンプリング。50音を「あー いー うー えー おー」という風に短調に読み上げた音声ファイルをつくりました。これを素材に、音階をつけてまるで本人が歌っているみたい再生できてしまうという……

      「せっかくなので、記念にイトウさんの音声ファイルをネット上にあげておきましょうね(笑」ああ、私の知らないところで、私が歌っているってふしぎな感じ!! ※UTAU_AYACO ファイルはこちらから


      さて実は大須賀さんは、このUTAUというソフトを使って様々な表現の仕方を実践・提案している方です。そして、その知識やテクニックを「月刊 DTMマガジン」で連載しています。今回の放送で音声合成やUTAUに興味をもたれた方はぜひチェックしてみてくださいね!

      毎度、登場シーンから仕込みを用意してきてくれる大須賀さん(笑)基本的に面白いことを自分から仕組んでいく人が好きな方だと思われます。その際の最大の得意技が音を操ること…。さて、来週はどんなものを紹介してくれるのでしょうか。来週は、いよいよ好きなもの3つめと、反対にまったく無関心なものをひとつ紹介してもらいます。
      どうぞお楽しみに!


      再放送は12月15日(土)午前11時からです。




      ●大須賀 淳さんの書籍紹介●

      「映像制作のためのサウンド収録&編集テクニック」玄光社刊 http://www.genkosha.com/vs/cat752/entry/post_370.html

      ●毎月8日発売の「月刊DTMマガジン」にて音声合成ツールUTAUについてのコーナー「UTAU徹底研究部」連載中。


      スタジオねこやなぎ


      Today's number
      Opening:[レモン] nokko
      M1: [turn turn] sketh show
      M2:[HOSHIMARU アッ!〜つくばEXPO テーマ〜](大須賀selection)
      M3: [hiraku〜ひらく〜] スタジオねこやなぎ(大須賀selection)
      Endind:[Bye Bye Love] The Ditty Bops














      2014.06.12 Thursday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        コメントする








         
        Calendar
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << December 2017 >>
        PR
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recent Comment
        • 2013年7月18日放送:カメラマンの小嶋さんと一緒に伊達巻をつくろう!
          バジル (07/19)
        • 2013年5月14日放送:とんねるずのみなさんのおかげです特集
          こゆきパンティー (05/15)
        • 2013年4月23日放送:勝手に氣志團万博2 with こゆきパンティーヌ
          ぱんつこ (04/24)
        • 2013年4月16日放送:勝手に氣志團万博 with こゆきパンティーヌ
          ぱんつこ (04/22)
        • 2013年4月16日放送:勝手に氣志團万博 with こゆきパンティーヌ
          エリオ (04/21)
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM